情報ページ 特定工程の指定(神奈川県)

対象は新築・増築・改築です。当該部分が下表の規模のもの

対象建築物
構造 中間検査回数 規模
W、S、RC、SRC、PC 2 地階を含めた階数が3以上、又は500m²以上
法第68条の20第1項の規定により認証に係る型式に適合するとみなされる認証型式部材等である建築物 特定工程除外
法第68条の26図書省略 特定工程除外なし

※階数3の共同住宅は法第7条の3第1項1号のほか、別に特定工程が発生する場合があります。

上記面積については、その用途に供する部分の床面積の合計

構造 基礎に関する工程 建て方に関する工程
特定工程 特定工程
W 基礎の配筋工事 【在来軸組工法】屋根の小屋組及び構造耐力上主要な軸組の工事
【枠組壁工法】屋根の小屋組及び耐力壁の工事
S 基礎の配筋工事 1層目の建方工事(初めて施工する階)
RC 基礎の配筋工事 【階数が1】屋根版の配筋工事
【階数が2以上】2層目の床配筋工事
SRC 基礎の配筋工事 1層目の建方工事(初めて施工する階)
PC 基礎の配筋工事 【階数が1】屋根版取付工事
【階数が2以上】2層目の床版取付工事(最下階から数えた階数が2の主要構造部である床版取付工事)
上記の構造以外 基礎の配筋工事  

(備考) この表において「主要な構造」とは、1の構造の場合はその構造を、2以上の構造を併用している場合はそれぞれの構造で区画された部分の床面積の合計のうちその床面積の合計が最大のもの(最大のものが2以上となるときは、初めて特定工程に係る工事を終えた部分の構造)をいう。

特定工程情報一覧へ戻る

トップページ| 会社概要| 採用情報| ご意見・ご質問| サイトマップ
免責事項・リンク・著作| プライバシーポリシー| 情報セキュリティポリシー
Copyright 2008 神奈川建築確認機関 All Rights Reserved.